2012年02月10日

デベロッパー満足度ランキング

新築マンションの

「売主別アフターサービス満足度ランキング」が公表されました。

この調査は購入後の問題解決度や接客態度などの満足度をポイント換算したものです。

毎年行われているアンケート調査ですが、今回は大きな変動がありました。

今年の順位は
第1位 野村不動産(前回5位)
第2位 住友不動産(同3位)
第3位 三井不動産レジデンシャル(同1位)
第4位 ナイス(同圏外)
第5位 オリックス不動産(同10位)
第6位 東京建物(同4位)
第7位 有楽土地(同圏外)
第8位 東急不動産(同9位)
第9位 三菱地所レジデンシャル(同2位)
第10位 大和ハウス工業(同圏外)

不動産大手7社を「メジャー7」と呼んでいます。
  ※住友、大京、東急、東建、三井、野村、三菱

今回、大京は12位と落選。顧客対応に問題がありそうです。

上位常連の三菱が低迷しています。藤和との合併が原因でしょうか。

また、圏外からナイス、有楽、大和というところが入ってきました。

準メジャーもブランド意識が高まった成果と思われます。

「売れれば良い」という時代ではなくなっているということです。




posted by 舟積一洋 at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする