2012年02月11日

1月中古マンション状況

中古マンションの契約件数は昨年12月に対前年比プラスとなり
回復基調をみせましたが、1月は再び前年割れになりました。

◎中古マンション成約件数 ⇒2,305件(対前年同期▲3.3%)
  ・東京都 1,128件(同2.6%増)
  ・神奈川  615件(同▲4.4%)
  ・千葉県  270件(同▲18.9%)
  ・埼玉県  292件(同▲5.2%)
 
◎平均成約単価 ⇒38万7,800円(同▲2.5%)

◎平均成約価格 ⇒2,533万円(同2.0%)

◎新規登録件数 ⇒1万5,939万円(同16.7%増)

◎在庫件数   ⇒4万4,771件(同25.6%増)

 ※東京都は成約件数が増加、他県は減少と都心回帰が顕著になっています。
 ※平均成約価格も10ヶ月連続の下落と市場の厳しさが分かります。
 ※在庫は16ヶ月連続の2桁増とさらに価格下落要因が待機しています。

但し、このデータからは、築年数による動きが分かりません。

既存マンションは必然的に毎年増加しており、築年も確実に古くなっています。

想像するに、築30年以上の耐震性等によって敬遠される物件は在庫になりやすく

都心に近い築浅の優良物件はちゃんと契約になっているのではなでしょうか。

2月3月の需要期にデータが回復することを期待します。


posted by 舟積一洋 at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする