2012年02月13日

競売増加の兆し!

競売の配当要求公告件数が都区部で増加に転じています。

   ※配当要求公告=裁判所が申立人以外の債権者に通知すること。

競売件数は2009年をピークに減少傾向にありました。

 ◎2009年上期 1791件 ⇒ 2010年上期 1361件 と24%減少

これは中小企業金融円滑化法によるローンのリスケが大きく影響しているものと考えられます。

ところが
 
 ◎2011年上期 1434件 と再び上昇

理由は

 @長引く不況と震災の影響
 
 A円滑化法の再延長が限定的(来年3月までの延期)

 BAを踏まえて金融機関が早めの損失理を活発化

東京都はマンションの競売が多く、落札は97.5%と非常に高くなっています。

落札者は法人と個人の割合が2:1の比率で、個人の参入も多くなっています。

この流れでいくと、今年の上期も間違いなく増加すると思われます。






posted by 舟積一洋 at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする