2012年02月24日

メンズクラブ4月号発売!

新連載「本当にあった不動産事件簿」も第4回目です。

男性ファッション誌にいきなり登場した不動産コラムですが、好評価をいただいているようです。

メンズクラブとは縁遠い私の知り合いからもいろいろな反響をもらっています。

元新聞記者のある人からは、

「不動産屋を辞めて小説家になれ。直木賞でもとって、不動産協会のためにもらってやる。とでもコメントしろ」

というメールが。

_1_image_300_400.jpg

今回のタイトルは

「夜空に逝った代議士」

意味深なタイトルですが、若くして亡くなった代議士の不動産購入のお話です。

不動産仲介会社が嫌う職業は政治家役人ジャーナリストです。
             ※あくまで個人的な意見です。

なぜかというと、不動産取引はトラブルが付きまといます。

こういう職種の人達はもめ事に慣れていて、自分を有利にする方法を知っているからです。

しかし、長い仲介人生の中では避けて通れるものではありません。

記憶に残る事件でした。

是非、お読みください。

posted by 舟積一洋 at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする