2012年02月25日

たまプラに定借マンション販売

東京急行電鉄は、「たまプラーザ」駅直結のマンションの販売を開始します。

このマンションは来春開業予定の複合施設棟と併せて開発されるマンションで

52年間の定期借地権付マンションです。

0000028192_00.jpg

何故、定期借地なのか?

東急電鉄としては、多摩田園都市の生活拠点としての「たまプラーザ」の未来を見据え、

52年後にリセットできるように定期借地を選択したということです。

気になる販売価格は未だ分かりませんが、定借は通常のマンションに比べて安いはずです。

誰もがあこがれる「たまプラーザ」。しかも駅直結!そして安い!

となると、久々の高倍率の予感がします。

来年春に完成ということで、目が離せないマンションです。

posted by 舟積一洋 at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする