2020年06月26日

内視鏡の日

毎年、この時期に胃と大腸の内視鏡検査を行っています。

代官山の「木本胃腸クリニック」

今年で5回目です。

胃は問題なかったのですが、またしても大腸にポリープが・・

今年は1個

小物だったらしく、禁酒は3日間でいいとのこと。

摘出した検体の検査結果(良性のはず)が判明するのは

2週間後です。


しかし、この検査は体力・気力が必要です。

2ℓの下剤を飲んで胃腸を洗浄することが一番の苦痛です。

検査は全身麻酔なので、なんの苦痛もありません。

colon-camera-colonoscopy-doctor-patient.png

しかし、検査が終わったあとは特別な感情に襲われます。

それは

体内に排泄するべき物が無い、このわずかな時間が

なんとも清々しいのです。






posted by 舟積一洋 at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする