2020年07月17日

6月度 首都圏マンション市場動向

 
<新築マンション市場動向> 
     ※不動産経済研究所調査

 〇新規販売戸数 1,543戸(対前年同月31.7%減)
 〇契約戸数   1,129戸
 〇契約率    73.2%(前月78.9%からダウン)
 〇平均価格   6,389万円(対前年同月7.1%アップ)
 〇即日完売   0戸  
                
 ※月間供給数はコロナの影響もあり3割の減少
 ※契約率は先月に続き70%台をキープ
 ※平均価格は上昇が続く
 ※販売在庫は7,389戸で5月末に比べて384戸の減少


<中古マンション市場動向> 
     ※東日本レインズ調査
 
 〇成約件数    3,107件(対前年同月−11.0%)
 〇u単価     53.48万円(同+1.4%)
 〇成約価格    3,541万円(同+5.3%)
 〇新規登録件数 16,143件(同−6.7%)
 〇在庫件数   45,555件(同−3.0%)

 ※成約件数は4ヵ月連続で前年同月を下回る
 ※成約価格は前月に比べて上昇した
 ※新規登録件数は10ヵ月連続で前年同月を下回る
 ※在庫件数は7ヵ月連続で前年同月を下回る



6月の新築マンションは供給数が対前年で3割減と

なりましたが、前月の大きな落ち込みに比べると

少し落ち着いた感もあります。

供給は少なくても、価格は上昇し、成約率も悪く

ありません。

新築マンション人気は衰えていないということです。


中古マンションも契約件数を見ると、5月の落ち込み

に比べて大幅に改善されたと言っていいでしょう。


6月は新型コロナの自粛解除がデータに大きく影響しま

したが、本日(7/17)の段階では第二波とも疑われる

感染者増がおこっています。

これが夏場の不動産市況に影を落とす結果とならない

ことを祈るだけです。








posted by 舟積一洋 at 11:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする