2020年09月01日

9月突入

今年も残り3分の1となりました。

いろいろなことがありました。

全てはコロナウィルスが元凶です。

そして今月は新しい総理大臣が誕生します。


不動産市場は4月5月に停滞し、先が危ぶまれましたが

6月頃から回復して以前同様の動きとなっています。

コロナ前より売れているという話すら耳にします。

しかし、なんで売れているのかという明確な回答は

ありません。


リモートワークによる「郊外や地方移住」といった

話もありましたが、そうしたニーズは限りなく限定的で

むしろ通勤効率を考えて、より都心に、より駅近に、

といったニーズが強くなったように思われます。

2020年5月1日時点の東京の人口は1,400万人を超えて

過去最高となりました。

東京一極集中が変わることはありません。


個人的には「不安」が住宅購入に向かわせている

のではないかと思っています。

コロナで先行きが見えない今だから、早く家を買って

安心したいという気持ちが知らず知らずに頭の中で

育っているのではないかと思います。


今後の動向は

新しい政府がコロナウィルスの経済に及ぼす影響を

最小限に抑えられるかどうかが一番の焦点となり、

不動産市場にも大きく影響します。





posted by 舟積一洋 at 18:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする