2010年04月11日

仲介春商戦スタート

この週末は大量の新聞折込チラシが入っていました。

最近の傾向は

野村アーバンはネットに宣伝費を投下しているため折込チラシは見かけません。そのネットデータでは月毎のアクセス数でTVCMをやっている三井リハウスと肩を並べています。戦略成功というところでしょう。

その三井リハウスもチラシは入っていませんでした。ここのところ、店舗毎のチラシを減らし、部合同チラシを定期的に打っているように見えます。やはりネットに移行でしようか。

住友はいつもの赤黒の二色刷り「売り求む」チラシが入っていました。ここまで徹底するのは立派です。しかし、たまに入るカラーチラシのセンスはお粗末です。株価は上がっていますから業績は好調なのでしょう。

東急沿線ということもあり、リバブルは複数のチラシが入っていました。管理職の異動が激しいため、やっと準備ができたのでしょう。しかし、同じ会社のチラシが複数入るというのはいかがなものでしょう。1件の成約よりネット体制造りに注力するべきでは。

日曜日に目立つのが、アップタウン、ミブ、ユニハウス、オープンハウスといった元気な中堅どころです。チラシもカラーでよくできています。決めるための無駄のないチラシになっています。このボリュームからみて、実績は好調なんでしょう。

今週はリフォームチラシも多く入っていました。住友不動産の「新築そっくりさん」は毎週のように入っており、好調さが感じられます。東急ホームズや地元の業者とチラシも数多く入っていました。

リフォーム時代を実感します。

企業も組織体制が固まり、ゴールデンウィークにむけて動き出しました。不動産業界は昨年からの地盤沈下でデベ社員や新築販売社員が仲介業務に従事するようになり、営業マンの数が増加しています。

会社間の競争はもちろんですが、営業マン同士の競争も激しくなることが予測されます。


私もその一人ですが、頑張っていきましょう。






posted by 舟積一洋 at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: