2018年05月25日

ディープなすし屋

大阪です。

センチュリー21・ジャパン研修担当の水津さんは大阪出身。

いつも、いいお店を紹介してくれます。

今回は難波の路地裏にある


「すし処 すし秀」


このビル、初めての人は絶対に入れないでしょう。

2018-05-24 21.35.22.jpg

一番奥に看板が

2018-05-24 21.34.45.jpg


カウンター6席しかないお店、シュレックのようなごつい店主

着席した4人は数分間無言・・・店主も無言・・・

2018-05-24 21.21.03.jpg


最初に出てきたのは「ばくだん」⇒納豆といろいろな刺身を混ぜて食べる

2018-05-24 19.47.33.jpg


ん・・旨い

元気が出た皆は、「刺盛り」・・・なんの飾りもなく見た目はシンプル

2018-05-24 20.06.20.jpg


ん・・旨い


お酒のアテは豊富だという

アジフライを食べたいと誰かが言いだした。店主は「できますよ」

グラタンを食べたいと私が言うと。店主は「できますよ」

2018-05-24 20.21.24.jpg


ん・・間違いない


じゃ行くかと・すしざんまい

2018-05-24 21.08.04.jpg

2018-05-24 21.20.46.jpg

2018-05-24 21.23.28.jpg


どれも美味しい

2018-05-24 20.00.22.jpg



この道32年の店主は余計なことは言わない・・そして仕事は早い

客のリクエストには忠実に答える・・そして安い


ディープな大阪がそこにありました。







posted by 舟積一洋 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: