2018年06月21日

墓の移設

北海道の天塩町にある、舟積家のお墓を

札幌の霊園に移設することになりました。


これが結構大変で、時間をかけて準備し、やっとその日が

やってきました。


正式には改葬(かいそう)というのですが、流れはこんな感じです。

(1)移設しようとする地域で墓地を決める
(2)墓地から受け入れ証明書又は権利書(永代使用承諾証)をもらう
(3)お骨所在地の役所にて改葬許可申請書を受け取る
(4)埋葬先の寺院の住職、または霊園管理者の認印をもらう
(5)役所に認印をもらった改葬許可申請書を提出し改葬許可書を受け取る
(6)旧墓地から新墓地に遺骨を移動する


ということで、千歳空港から天塩まで280qの激走

4時間で天塩町の寺に到着。寺の住職は幼馴染

書類をもらって役場へ

役場には甥っ子が勤務していて、手はずは整っていた

駐車場に幼馴染が集まってきて、時間がないのに長話し

寺に戻って書類を渡し、お経を読んでもらいお遺骨を受け取る

そして、一気に札幌の親のいる家に・・また4時間


翌日、親せきが集まって納骨

標高655m、札幌市街を一望できる高台の霊園です。

2018-06-21 11.40.52.jpg

2018-06-21 11.38.19.jpg


見晴らしが良くて気持ちいいです。

先祖も健在の両親もホットしています。








posted by 舟積一洋 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: