2019年12月09日

11月も首都圏の戸建、価格上昇中!

<東京カンテイ調査>
 *敷地面積100〜300平方メートル、最寄り駅から
  の所要時間徒歩30分以内もしくはバス20分以内、
  木造で土地・建物ともに所有権の物件。
 


【新築戸建】
 
 ◎首都圏の平均価格は3,846万円(前月比0.6%上昇)と、3ヵ月連続で上昇した。

  <都県別>
    ・東京都  4,662万円(同1.0%上昇) ⇒3ヵ月連続の上昇
    ・神奈川県 4,197万円(同1.0%上昇) ⇒2ヵ月連続の上昇
    ・千葉県  3,157万円(同0.3%上昇) ⇒3ヵ月連続の上昇
    ・埼玉県  3,417万円(同1.6%上昇) ⇒3ヵ月連続で上昇


【中古戸建】

  ◎首都圏の平均価格は3,402万円(前月比2.8%上昇)と、2ヵ月連続で上昇した。

  <都県別>
    ・東京都  5,545万円(同7.7%上昇) ⇒連続上昇
    ・神奈川県 3,464万円(同2.2%上昇) ⇒4ヵ月ぶりに上昇
    ・千葉県  2,166万円(同0.8%下落) ⇒3ヵ月ぶりの下落
    ・埼玉県  2,528万円(同0.6%上昇) ⇒連続上昇


消費増税の10月をまたいで、価格が上昇しています。

確かに、春から夏にかけては増税前の様子見もあって、

市場が不安定だった気がしていました。


この結果をみると、消費増税は一戸建て購入者の

マインドに影響が少なかったようにも見えます。


新築マンションは供給数も減少し契約率も下がっています。

増税よりも、マンションに対するさまざまな

不安感の方が表面化し始めたのではないでしょうか。


マンション派? or 戸建派?


昔は「マンションから始めて最後は一戸建て」

今は「若い時は一戸建て、歳を取ったら利便性のマンション」

というのが主流なのかもしれません。







posted by 舟積一洋 at 11:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする