2021年01月21日

第12回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査

 ※東京商工リサーチ調査(有効回答1万2,176社)

企業状況に関する調査結果が報告されました。
当社もアンケートに参加しています。

49645402917_ee47d519fa_c-e1591173373857.jpg

<結果抜粋>
・中小企業の「減収企業率」は70.3%
・「売上半減率」上位は宿泊業、旅行、
  生活関連サービス、娯楽業、飲食業
・中小企業の8.1%が廃業を検討
・飲食店は38.7%が廃業を検討
・「在宅実施率」最高は東京の66.8%
・金融機関の対応「満足」が86.2%
・「事業再構築」実施・検討が46.8%

不動産業も16.4%が売上半減と厳しい結果に
なっています。

アンケート回答者の94.6%が2021年は
倒産・廃業が増えると予想 しています。

予想通りといえばそれまでですが、
予想を裏切る結果にしなければなりません。




posted by 舟積一洋 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする